糖尿病黄斑浮腫(DME)

この写真は、サポートアプリ・Viaopta Simulator を使用して撮ったもので、糖尿病黄斑浮腫の方から見た周囲の景色です。

 

糖尿病黄斑浮腫は、眼内の小さな血管からの体液漏出によって生じる重篤な眼症状で、糖尿病が原因で発生します。体液が蓄積することで黄斑(目の中心部)が膨張・肥厚化し、視力障害を引き起こします。糖尿病黄斑浮腫の初期段階は無症候であることが多いですが、後に目がぼやけて見える可能性があります。治療をしないと、永久的な損傷または失明に至るおそれもあります。

糖尿病黄斑浮腫のいくつかの臨床症状は滲出型加齢黄斑変性と同様ですが、糖尿病黄斑浮腫は糖尿病の合併症であり、様々な病理によって生じます。糖尿病の管理状態が悪いと、糖尿病黄斑浮腫の発症が多くなります。

若年期に発症するI型糖尿病や成人期に発症するII型糖尿病を含む、 全ての糖尿病患者にリスクがあります。

糖尿病黄斑浮腫のリスクは糖尿病の罹患期間と重症度、高血圧、体液貯留、体内のタンパク不足、血中の脂肪値の高さと関連します。

 

糖尿病黄斑浮腫(DME)についての詳細はこちら