強度近視に伴う近視性脈絡膜新生血管(mCNV)

この写真は、サポートアプリ・Viaopta Simulator を使用して撮ったもので、近視性脈絡膜新生血管の方から見た周囲の景色です。

 

強度近視では、網膜の下から異常な新生血管が生じ、網膜の中へと伸びていきます。

しかし、新生血管はもろい血管であり、出血したり水分が漏れ出てきたりしやすいため、網膜の下に血液や水分がたまって、視野障害や視力低下の原因となります。

 

強度近視に伴う近視性脈絡膜新生血管には次のような症状があります。

・見たい部分がぼやけて見える(視力低下)

・見たい部分が歪んで見える(変視症)

・見たい部分が欠けて見える(暗点)

・黒い点や虫のような影が飛んで見えたり、視野の一部に光が走る(飛蚊症・光視症)

 

強度近視についての詳細はこちら