網膜静脈閉塞症(RVO)

この写真は、サポートアプリ・Viaopta Simulator を使用して撮ったもので、網膜静脈閉塞症の方から見た周囲の景色です。

 

網膜静脈閉塞症は、読んで字のごとく、網膜の血管(静脈)が目詰まりを起こし(閉塞)、網膜がむくんだり出血したりして、ものが見えにくくなる病気です。

 

網膜静脈閉塞症は、閉塞の発生箇所によって主に2種類に分けられます。

 

網膜中心静脈閉塞症(CRVO)は、静脈の根元が閉塞するため、網膜全体に血液や水分が漏れ、眼底出血や黄斑浮腫が起こります。急激に視力が低下します。

 

網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)は、静脈の閉塞した場所の上流部分で血液や水分が漏れ、眼底出血や網膜浮腫が起こります。

 

眼底出血や網膜浮腫が黄斑におよぶと(黄斑浮腫)、視力低下を起こしたり、ものがゆがんで見えたりします。静脈の閉塞した場所によって、自覚症状は無症状から重い視力障害までさまざまです。

 

網膜静脈閉塞症(RVO)についての詳細はこちら