見えにくさを感じたら、すぐに眼科専門医へ<前編>

~糖尿病黄斑浮腫について~

視覚障害の原因の一つとされる「糖尿病黄斑浮腫」。糖尿病網膜症と診断された方は、注意が必要な疾患です。杏林大学医学部眼科学教授の井上真先生に、糖尿病黄斑浮腫の症状や治療法についてお聞きしました。

 

 Doctor Inoue 1

 

黄斑浮腫は程度が軽くても視力低下に結びつく

糖尿病には糖尿病網膜症(以下、網膜症)、糖尿病腎症、糖尿病神経症の三大合併症があります。 網膜症は網膜の毛細血管が壊れることによる眼の疾患で、単純網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症と三段階で進行します。

 

今回取り上げる糖尿病黄斑浮腫(以下、黄斑浮腫)は、この糖尿病網膜症に付随して起こる疾患です。

 

「網膜症は網膜全体に起こりますが、黄斑浮腫は黄斑部に腫れを生じる病気です」(井上先生)。黄斑とは、視覚を司る重要な細胞が集中している中心部。 「網膜症は病期が進むことで視力低下を起こしますが、黄斑浮腫は網膜症が軽くても生じて視力低下に結びつくことがあるので、注意が必要です」

 

網膜症の合併症とはいえ、糖尿病や網膜症の進行度合いと必ずしも並行するものではないので、専門医に状態を見きわめてもらうことが大切です。

 

視力低下や歪みを感じたら、すぐに眼科へ

黄斑部に病変が現れる黄斑浮腫の症状としては、主に視力低下や歪み(歪視)です。診察では、まずは見え方の変化や見えにくさについて確認します。

 

「運転中、道路のセンターラインが曲がって見えたり、障子の桟がうねって見えたり、パソコンを使う方はエクセルのラインが曲がって見えることもあります。病変が黄斑の中心窩から外れたところに現れる場合は、必ずしも視力低下を伴うとは限らないので、周りの視界の見え方を確認するのも必須です」

 

黄斑浮腫は、両目同時に起こる場合と片目だけの場合の両方があります。 「患者さんは、片目だけでも見えていると生活にあまり支障がないせいか『大丈夫』と思いがちです。ですので、片目ずつ比べて、異常があれば早めの治療を勧めています」

 

見えなくなってから眼科に行くのではなく、糖尿病と診断されたら定期的に眼科に通院すべきです。

 

黄斑浮腫の早期発見で腎機能への注意を促す

黄斑浮腫は全身状態を反映していることが多く、特に腎機能には注意が必要です。

 

「黄斑浮腫のある人は、腎機能が低下している可能性があるので、診察のときは患者さんの血糖データだけでなく腎機能のデータも確認するようにしています。黄斑浮腫によって視力が低下して様々な治療を行っても治療に反応しにくい場合、その時点では腎機能にそれほど問題がなかったとしても、1~2年経つと急激に腎機能が悪化して、透析になってしまう人もいます」

 

網膜症は初期には視力は変わらないものの増殖糖尿病網膜症など、かなり進んだ状態になると視力低下が現れます。逆に言えば、初期段階ではそれほど自覚症状がないのが網膜症の恐いところ。そのため、眼科と内科の連携も進んでいます。

 

「糖尿病眼学会が出している『糖尿病眼手帳』というのがあります。これは、診察時に患者さんに持ってきていただいて、内科・眼科で医師が書き込むもの。体重やヘモグロビンA1c、腎機能など内科的なデータが確認できるので、眼科としては助かります」

 

井上先生が勤務されている杏林大学医学部付属病院のアイセンタ-では、毎週金曜日に糖尿病眼外来を実施しています。「網膜症を診る眼科医と糖尿病内科の医師が隣同士の部屋で診察するので、タイムラグなく連携できます」

 

専門医は心強い味方です。定期的に診察してもらうようにしましょう。

 

糖尿病黄斑浮腫について詳しくはこちら

 

Doctor Inoue profile 

 

井上 真(いのうえ まこと) 杏林大学 医学部 眼科学 教授

 

******* ご経歴 ********

1989年3月 慶應義塾大学医学部卒業

1989年5月 慶應義塾大学医学部眼科学教室入局

1994年7月 杏林大学眼科(網膜硝子体Clinical fellow)

1997年7月 Duke University Eye Centerに留学(Research fellow)

2003年10月 慶應義塾大学眼科専任講師 2007年4月 杏林大学眼科 准教授

2014年10月 杏林大学眼科 教授

 

杏林大学医学部付属病院

住所 東京都三鷹市新川6-20-2

電話 0422-47-5511(代表)

受付時間 平日8:45-12:00、土曜日8:45-11:00

休診日 日曜日・祝日・年末年始・学園創立記念日(11月11日)

 

この記事をシェアする

     

この記事を評価する