中途失明の原因第一位の緑内障

 

段々と視野が狭くなり、進行すれば失明することもある緑内障。「まだ見えるから大丈夫」という油断は禁物です。40歳を超えた人は、要注意の病気です。

 

多くの人が罹患するが治療しているのはわずか1割

 

目の中には、透明な液体である「房水」が流れていて、この房水の排出がうまくいかなくなると、眼球の中の圧力(眼圧)が高くなります。主にこのような理由により眼球の後ろにある視神経が傷ついて視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりします。これが「緑内障」です。

 

緑内障の罹患率は40歳以上で20人に1人、70歳以上では10人に1人以上となっています(※)。男女差はほとんどありません。これだけ多くの人がかかる病気なのですが、緑内障という診断を受けて治療をしている人は1割程度と言われています。

 

視野の一部が欠けていても、常に両目で見ていると脳の働きで全部きれいに見えているように補われるので、症状に気づかないまま病状が進んでしまっている人も少なくないのが現状です。 40歳を過ぎたら、定期的に目の検査(眼圧・眼底・視野)を受け、早いうちに緑内障を発見することが重要です。

(※)日本緑内障学会・多治見スタディ

 

「視野欠損」「かすみ」「視野狭窄」に注意

 

眼圧が高くなるのが緑内障の特徴ではありますが、「正常眼圧緑内障」は眼圧が正常範囲なので見過ごされていることが多く、初期の段階では自覚症状もほとんどありません。

 

また緑内障が老眼と並行して進む場合は、「かすみ」が老眼によるものなのか緑内障によるものなのかの区別がつかず、発見が遅れることがあります。

 

初期の緑内障では、視野の一部が欠けます。ですが、欠けるのが視野の端であったり小さな範囲であったりするため、気づきにくいこともあります。 中期には、視野欠損とともに「かすみ」が出現し、少しずつ拡大していきます。

 

末期になると、鮮明に見える範囲が狭くなる「視野狭窄」が起こります。中心に近い部分でも見えないところが出てきたり、文字の一部が欠けて見えるなど、生活に支障をきたすことが増えます。 病状は、数年から数十年という長い時間をかけて進行します。

 

 

 

 

治療は点眼薬とレーザー・外科的手術

 

緑内障の治療は、病状の進行を抑えることが第一の目標。眼圧を下げるためにまず行うのが、点眼薬による治療です。点眼薬だけで眼圧を十分に下げることができない場合には、手術を行うこともあります。手術には、レーザー手術と外科的手術があります。

 

レーザー手術は、房水の排水口である、あみの目状の線維柱帯にレーザー光を 当てて房水の流れをよくします。これは、入院せずに行える手術です。 外科的手術は、房水が排水されるところを部分的に取り除いたり、切り開くなどして房水の流れをよくするものです。1~2週間の入院が必要になります。

 

どちらの手術も、緑内障の進行を抑えるためのものであり、手術をしたからといって完治するものではありません。あくまでも緑内障を進行させないための方法です。

 

緑内障は早期発見、早期治療が大切です。自覚症状はなくても、定期的に受診し、眼科専門医とともに状態に合わせた治療を続けていくことが大切です。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する