ペットに癒されるとき

世界中の数千ものトレーニングセンターに、目の見えにくい方々を支えるよう訓練された盲導犬として働く犬がいます。

 

盲導犬は働く動物の職業として一般的であり、近代的な文化の象徴であり、犬を単なるペットとしてではなく、人生をより豊かにできる大切な存在として重要視されています。

 

ですが、わたしたちの抱える問題を解決し、気持ちを和らげてくれるのは、資格を有する盲導犬だけではありません。

 

目の見えにくい方にとって、同じ生活の質を維持していくことは容易ではないでしょう。ですが最大の困難は必ずしもそれだけではありません。多くの人々は、気分の落ち込み、不安、孤独といった、より漠然とした悩みを抱えています。そうしたことへの対応は、ペットたちが得意とする分野なのです。

 

文明の黎明期より人間は動物を飼いならしてきました。それにはもっともな理由があります。動物が人間のために働くからだけでなく、人間の感情に作用するからです。ペットはわたしたちに食料と住居を求めますが、一方でわたしたちは、親しみ、支え、変わらぬよりどころとして彼らを頼るようになります。

 

実際、この数年間に社会的、情緒的、精神的な疾患を抱える患者さんにとって、動物との絆が有益なつながりであることが精神医学会によって認められています。これはアニマルセラピーと呼ばれており、訓練された動物を使用する専門的なプログラムとして、入院中においても患者さんの不安を和げることができます。

 

目の見えにくい方々の場合、ペットを飼うだけでもよい効果を期待できます。公園に散歩に連れて行ってほしいと犬に催促されることで、心身ともに豊かになり、社会的営みを向上させることができます。猫は飼い主にかまうことで、孤独ではないことを思い出させてくれたり、元気づけてくれたりします。うさぎや小鳥や魚といった小動物でさえ、人の本来の責任感を呼び起こし、気分が本調子ではないときでも、誰かをいたわるとはどのような感覚であるかを思い出させてくれます。

 

進行性の視覚障害を持つ方にとって、盲導犬はかけがえのない存在です。困難に思えてももう一度世の中とつながりたいと願う人々にとって、ペットは空虚感を和らげ、思いもよらない形で人生をよりよいものにしてくれます。

 

みなさんはペットを飼っていますか?ペットはどのようにみなさんを助けてくれますか? フェイスブックページでみなさんの経験をぜひシェアしてください。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する