子供たちと過ごす夏休み

夏休み 

 

もうすぐ夏休み。今から夏休みを心待ちにしている子供たちが多いのではないでしょうか。煩わしい規則から解放され、自由と冒険が満ち溢れた夏休みは、子供たちにとって1年で最も楽しい時季の一つです。

 

目の見えにくい方と子供の交流

 

目の見えにくい方にとって、子供を預かるのは難しいと思うかもしれません。でもあらかじめ計画をして準備すれば、目の見えにくい方でも、子供の見守りは見える方とほとんど同じように行うこともできます。例えば赤ちゃんを迎える家が子供の安全を考え自宅を準備するのと同じように対策をしておきましょう。事前に自宅を安全にしておけば、気を配ることも少なくなります。

 

夏休みは保護者にとっては、新たな悩みの種かもしれません。

特に共働きの家庭にとっては、子供たちに夏休みをどう過ごしてもらうかが課題です。やるべきことや予定がなくなると、子供たちに規則正しい生活をさせるのに悪戦苦闘するかもしれませんね。そこで、おじいちゃん、おばあちゃんの出番です!

 

忙しい保護者にとって祖父母は頼れる存在です。そんな時、おじいちゃん、おばあちゃんは学校が休みの間のストレスをいくらか和らげてくれる、スーパーヒーローになってくれるかもしれません。でも子供が大好きで、余暇をいっしょに過ごしたいと思う一方、目が見えにくい場合には、元気いっぱいでやんちゃな子供の世話をするのは、少し大変そうに感じるかもしれません。

 

視覚体験を通して子供たちに理解を深めてもらう

 

子供たちに率直に打ち明けることが有益な場合もあります。ほかの人と同じように目が見えない人もいることを告げて、それが何を意味するか、子供たちに理解させてあげてください。スマートフォンやタブレットをお使いの方は、目が見えにくい方にとって周囲の景色が実際どのように見えるのかを体感できる目の疾患疑似体験アプリ、ViaOpta Simulatorで体験してみてください。

 

目の見えにくい方も、見える方も、何よりも重要なのは、一緒に過ごして、本人が楽しいと感じることです。自分ができると思うことをして、体験させたい冒険を子供たちにさせてあげましょう。子供たちと過ごすことで、自分が子供だった頃の夏の魔法を思い出すことができます。子供たちとの旅行を計画しましょう。公園を訪れて、子供たちがくれるエネルギーを楽しみましょう。子供たちと心から楽しんでいる姿は、子供たちの目から見ても、頼もしいヒーローのように見えているかもしれません。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する