春に向けてガーデニングの準備をしませんか?

春が近づき、ガーデニングの季節が巡ってきました!活発になり始めた虫の羽音、堆肥の香ばしい匂い、手に載せた用土のふっくらとした感触など、ガーデニングの楽しみは尽きません!ガーデニングは五感を刺激する数少ない娯楽の1つです。   

ガーデニングのベテランでも初心者でも、目の見えにくい方はまずは計画を立てることが大切です。ガーデニングの冒険を最大限に楽しむためのヒントをご紹介しましょう。

 

1. できるだけ色が鮮やかで、香りの良い花を選びましょう。

バラ、ラベンダー、ゲラニウムまたはペラルゴニウムの仲間は、いずれも鮮やかな花色や芳香で知られています。ご自分の庭にはどのような植物がよく育つか、園芸店やガーデニングアドバイザーに相談してみましょう。

 

2. 花だけではなくハーブも試してみましょう。

花だけでなく、一緒にハーブも育てることで、庭でさまざまな感覚を楽しむことが出来ます。バジル、タイム、ローズマリーやミントは育てやすく、料理にも使えます!バジルソースの料理や、ミントを入れたモヒートなど、庭でとれた新鮮なハーブを料理に役立ててみましょう。

 

3. さまざまなタネの整理方法を決めましょう。

庭造りを一から始めるなら、スイセンとダリアなど、似ている種を区別できるようにしましょう。花色に合わせた小袋にタネを保管すると区別が楽になります。色の見えにくい方には、感触を利用した整理方法もあります。フェルト生地をカタカナや植物それぞれ別の形に切り抜けば、触れただけで区別できます!

 

4. 一定の秩序を保ちましょう。      

ほとんどの造園家は、「美しい庭には一定の秩序がある」と言います。花がまっすぐに並ぶよう、あらかじめ花壇にロープを張ったり、熊手を置いたりしてから植え付けましょう。より持続的な方法として、レンガ、板、大き目の石などで各花壇を縁取りしておくのも良いですね。きちんと整理された印象を与える花壇に仕立てると、見た目もきれいに見え、また区画の区別も付きやすくなります。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する