患者の生活を向上させるロービジョンケアとは<前編>

~見えにくくなってからできることがある~

患者の生活を向上させるロービジョンケアとは<前編> Image

 

日本ロービジョン学会の評議員も務められている武蔵浦和眼科クリニック 眼科専門医の江口万祐子先生。たとえ治療が終わっても、患者さんの日々の生活に寄り添うために医師ができることはたくさんあると言います。

前編では、ロービジョン及びロービジョンケアについてお聞きしました。

 

ロービジョンケアは目のリハビリ

「ロービジョン」を「弱視」と思う人もいるようですが、江口先生によると少し意味が違います。

 

「『視覚障害者』は、身体障害者手帳(以下、手帳)を取得している人。『ロービジョン』は、日常生活において視覚的な困難にさらされている人のことです。なので、視力や視野はじゅうぶんでも、光がまぶしくて見えにくい、色の違いがよくわからないなど、数値化できない部分も含めて、目で困っている人をロービジョンとしています」

 

視覚障害者は約31.5万人おり、年代別割合をみると、70歳代以上が58.2%、60歳代が20.4%、50歳代が8.9%となっており、50歳以上の方が87.5%に及ぶことがわかっています。(※1)

 

また、日本における視覚障害の原因としては、緑内障が21.0%、糖尿病網膜症が15.6%、網膜色素変性症が12.0%となっています。(※2)

 

では、「ロービジョンケア」とは何をするのでしょうか?

 

「例えば、骨折すると治療をして、その後でリハビリをしますよね。目も同じです。治療が終わった後の状態で生活をするために、どんな訓練なりサポートが必要か。それを考えるのがロービジョンケアです」

 

治療は医師が行いますが、ロービジョンケアは、医師、視能訓練士、看護師、ソーシャルワーカーや支援サービス担当者など、チーム医療として行うのが理想。江口先生は、患者さんと外部の医療サービスをつなぐことにも尽力されています。

 

手帳の取得手続きや器具の使い方、生活相談に対応

江口先生に、ロービジョンケアとして実際にクリニックでしていることを聞いてみました。

 

「まずは患者さんの視機能を評価したうえで、手帳取得の要件にあてはまる人には手続きを勧めます。適切なサポートを少ない負担で受けるためには、手帳が必要ですから。そのうえで、遮光レンズのようなメガネやルーペ、拡大読書器の使い方を指導したり使用を勧めたりします。また、生活や仕事の相談を受けたり、支援サービスを紹介したりもします」  

colored glasses for low vision

ロービジョンケアでは、患者さんの目の状態を知った上で、具体的に何に困っているか、何をしたいのか、また何をしたくないのかを汲み取るのが重要です。眼科的な治療を終えた後、医師として患者さんに寄り添うためには、細やかなコミュニケーションが欠かせないのです。

 

「患者さんによっては、手帳の取得を『障害者になってしまうから』と拒否される方もいます。それでも必ず手帳の話はするようにしています。絶対にイヤと言っていた患者さんでも、後々になって、通勤途中で危険なことがあったから歩行訓練を受けたいと言ってくる方もいます。その時は不要だと思っても、後から必要になることがある。だから、丁寧に話を聞き、必要なことを過不足なく伝えるようにしています」

 

健康診断と同じように、年に一度は眼科へ

中途でロービジョンになった方は、ショックが大きいと言います。ロービジョンケアを勧められると、「もう治らないんだ」と思いこんでしまう人もいるようです。

 

「だからこそ、私たちがいることを忘れてほしくないのです。眼科医は治療だけがすべてではない。見えないために困っていることを、患者さんやご家族と一緒に解決していくのが私たちの仕事です。『どうせ見えないんだから』と眼科に来ることをやめてしまう方がいるのですが、健康診断と同じように、せめて一年に一度は通院してほしいですし、かかりつけの眼科をもってほしい。病院は外の医療スタッフやサービスとつながる場所でもあるのです」

 

一人で、あるいは家族だけで悩まずに、眼科医を頼ってよりよい生活ができるようになってほしい。治療をもって終わりではなく、残された視機能を活かすことでQOLを上げる。ロービジョンケアはそのような包括的なケアであるべきと江口先生はお話されていました。

 

後編では、ロービジョンケアの現状と患者会についてお伝えします。

 

※1 引用元:厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部「平成23年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)結果」

※2 引用元:若生、安川、加藤、大森、石田、石橋、小椋(2014)「日本における視覚障害の原因と現状」『日本眼科学会雑誌 第118巻 第6号』

 

 Dr. Eguchi

 

江口 万祐子(えぐち まゆこ)

 

略歴

1997年 東海大学医学部卒業

1998年 獨協医科大学越谷病院 眼科入局

2003年 日本眼科学会 眼科専門医 取得

2008年 新光会 武蔵浦和眼科クリニック 院長就任

 

日本ロービジョン学会評議員

視覚障害者用補装具適合判定医

身体障害者福祉法第15条1項指定医

障がい者スポーツ医

獨協医科大学埼玉医療センター眼科 ロービジョン外来担当

この記事をシェアする

     

この記事を評価する