注射の恐怖を乗り越えるには

冬の季節になり、インフルエンザの予防注射を受けられた方も多いのではないでしょうか。その際に、少し怖いと感じたり、お子様が泣いてしまうことはありませんでしたか?注射に対する恐怖を持つことは、多くの人にとって、自然ことです。注射が本当に好きな人などいるでしょうか?

 

目の見えにくい方にとっては、注射針がどこに向かっていくかがわかりにくい場合があり、注射に対する恐怖が増大します。それでも、治療をしている方の中には、目に直接注射を受ける必要のある方もいます。少しぞっとするかもしれませんが、考え方を変えてみましょう。

 

コンタクトレンズを使われている方は、眼科医に通院して初めてコンタクトレンズを作ったときのことを覚えていますか?医師から練習用のコンタクトレンズを手渡され、装着方法を教えられたあと、「眼球を自分で触れる」ような気持ちになったのではないでしょうか。

 

これは、初めてコンタクトレンズを装着する人の頭をよぎる最初の、典型的な考えです。ただし、数か月や数年後にはコンタクトレンズにすっかり慣れて、コンタクトレンズを装着することを怖がっていた気持ちを笑う人が多くなります。

 

それでは、注射に対しても同じような考え方を持つためにはどうしたらよいでしょうか。

そのためには、眼科医が力になってくれます。

 

点眼麻酔                        

最初のステップは点眼麻酔から始まります。患者さんは点眼することで麻酔を受けるため、何も感じなくなるのです!また、通常は器具を使って目を開いたままにしますので、術中のまばたきを心配する必要もありません。目に若干の圧力を感じることはありますが、痛みを感じることはないでしょう。
他にも、リラックスし、恐怖を乗り越えるのに役立つ行動修正という方法があります。

 

系統的脱感作

一般的な方法のひとつが、「系統的脱感作」と呼ばれる方法です。平たく言うと、自分が恐れる物に対し、定期的に体感することを意味します。ただ、これは決して、毎日注射針で自分を突かなければならないということではありません。 単純に、注射針を想像しながらリラックスしている状態で、注射針の写真を見るのです。こうすることにより、本当に注射を受けるときには、少し気が楽になり落ち着いていられることがご自身で分かるはずです。

 

認知行動療法

大きな恐怖に対する、新しい治療方法として、認知行動療法があります。この方法では、考え方を変えることによって行動を変えるよう教えられます。針恐怖症の方は、注射の不快さを感じながらも不安になる気持ちに耐えて、恐怖は致命的なものではないことを理解するよう教えられます。

ここがポイントであり、恐れることは健康的な証拠なのです。私たちの危険な行動を阻止するのは多くの場合、身体と心の自動応答機能によるものです。しかし、恐怖が私たちの健康維持の邪魔をするようになるのは望ましい状態ではありません。

あなたは注射の恐怖をどのように対処していますか?フェイスブックページであなたの経験をぜひシェアしてください。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する