知って安心、失敗しない目薬のさしかた

~しっかり目を治療するために~

目薬点眼

 

目薬をさすのが苦手、という人は多いでしょう。今回は、失敗しない、正しい目薬のさし方をお伝えします。

 

点眼前に、手を清潔にしておく

目薬をさすとき、こわくて目をつぶってしまう、うまく目の中に入らないということはありませんか? 正しくさせるかどうか不安で、つい手が震えてしまうなんてこともあるかもしれません。上を向くと、思わず口が開いてしまう……というのはご愛敬ですね。 赤ちゃんや小さいお子さん、またお年寄りの点眼の場合は、なおさら大変です。

 

たかが目薬、されど目薬。目薬にも正しいさし方があるのです。そして、正しい量もあるのです。

 

まずは準備から。手を洗って清潔にしておきます。そして懸濁性点眼液の場合は、キャップを閉じたまま点眼ボトルを上下によく振って、点眼液の濃度を均一にしておきます。この準備をおろそかにする人が多いので、要注意です。

 

空いた手で手首を支えると、目薬がさしやすい

準備ができたらいよいよ点眼です。

 

点眼ボトルを利き手で持ちます。次に、点眼ボトルを持った方の手首に、人さし指を立てたもう片方の手の甲を重ね合わせます。これは、目薬をさす手を安定させるため。こうすれば手が震える心配はありません。

 

そして、立てた人さし指で下まぶたを下げます。そのまま顔を上に向け、1滴点眼します。目の中にさそうと思わず、下げた下まぶたにさすと思えば大丈夫。点眼するのは1滴で十分です。

 

点眼が終了したら目を閉じます。目の周りに点眼液があふれたら、清潔なティッシュでふきとります。ふきとることで、点眼後に目がかすむ時間を短縮できるのです。 ふきとったら軽く目を閉じたまま、目頭を1~5分程度そっと押さえます。よく、目をパチパチさせて終わりにしてしまう人がいますが、点眼後は目薬を目になじませるのが大切です。

 

点眼が苦手な人は、まずこの方法を実践してみてください。どうしてもうまくできないときは、眼科医や薬剤師に相談してみてください。

 

二種類以上の目薬を使用する順番

一口に目薬といっても、いくつかの種類にわかれます。

 

まずは、①「水溶性点眼液」。比較的サラサラとしているタイプです。

 

次に、②「懸濁性点眼液」。これは「よく振ってからお使いください」という注意書きがあるものです。

 

そして、③「ゲル化点眼液」。これはさした後に目の表面にしばらくとどまるものです。

 

最後に、④「眼軟膏」。水をはじくタイプの点眼薬です。

 

もし2種類以上の点眼薬を処方された場合は、上記の①②③④の順番で使用してください。これは、点眼薬の性質による有効性の順番です。もし眼科医の指示がある場合は、その指示に従いましょう。

この記事をシェアする

     

この記事を評価する