加齢とともにリスクが高まる目の疾患とは?

加齢黄斑変性の基礎知識

加齢とともにリスクが高まる目の疾患とは? Image

視覚障がいの原因疾患の上位に挙がっている加齢黄斑変性。近年、患者数が増加しているこの疾患について説明します。

 

視野の中心の視力が失われる「社会的失明」

加齢黄斑変性の症状としては、ものがゆがんで見えたり、見たい部分がぼやけたり不鮮明に見えたり、あるいは視野の真ん中がグレーがかって見えにくくなることが挙げられます。この病気は進行しても、完全に光を失ってしまうことはごくまれなので、視力が失われたときは「社会的失明」と言われています。

 

原因は、目の網膜にある「黄斑」という機能が障害を受けるため。加齢黄斑変性には2種類のタイプがあります。眼に栄養を与える血管組織である脈絡膜から異常な血管が生え、そこから出血することで機能低下を起こすのが「滲出型」。網膜の細胞が変性して徐々に萎縮していくのを「萎縮型」といいます。

 

年齢が高くなるにつれて発生頻度が高くなる病気で、2007年のデータでは、50歳以上の総人口に換算すると患者数は70万人にのぼることがわかっています。40代でも発症するケースがありますので、定期的に専門医で受診するようにしましょう。

 

予防と定期的な受診が大切

はじめは片目に発症しますが、しばらくしてもう片方の目に発症することもあります。自覚症状に気づいたらすぐに専門医の診察を受けましょう。受診が遅れると治療に時間がかかる上、治療による視力回復も不十分になってしまいます。視力低下を最小限にとどめるためには、早期発見・早期治療が重要なことは言うまでもありません。

 

最も多く行われる治療は、新生血管の成長・促進を抑制する薬を眼内に注射するVEGF阻害薬療法です。そのほかの治療法として、光線力学的療法などがあります。また、補助的に内服薬やサプリメントを服用する場合があります。治療が一旦終了しても再発(再燃)の可能性があるので、定期的な受診が欠かせません。

 

老化を促進する紫外線は大敵。外出するときは、サングラスをして目を紫外線から守るようにします。また、タバコはすぐにやめましょう。自分でできる予防と、専門医への受診を並行することが大切です。

 

加齢黄斑変性症について詳しくはこちらをご覧ください。

参考資料:加齢黄斑ドットコム

この記事をシェアする

     

この記事を評価する