糖尿病網膜症と糖尿病黄斑浮腫の基礎知識

生活習慣病として知られる糖尿病ですが、進行すると目の病気を引き起こすことがあります。糖尿病と診断されていても、「血糖値は良好にコントロールできているから、目の病気にはならないだろう」と思ってはいないでしょうか? 糖尿病が引き起こす、代表的な二つの目の病気について説明します。

 

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、血糖値が高くなることで網膜の毛細血管が壊れ、血管が変形したり出血したりする症状のこと。発症する期間は、糖尿病の重症度や血糖コントロールの度合いによって異なりますが、おおむね7~10年程度で発症するケースが多いといわれています。網膜症は、ほとんど自覚症状がないことが特徴です。 糖尿病網膜症について、詳しくはこちらでも解説しています。

 

糖尿病黄斑浮腫とは

糖尿病黄斑浮腫とは、網膜の黄斑にむくみ(浮腫)が生じる症状のことです。黄斑浮腫は、初期段階では症状が現れないことがありますが、進行するとかすみ目や視力の低下が見られます。黄斑浮腫を治療せずにいると、失明に至るおそれがあります。 糖尿病黄斑浮腫について、詳しくはこちらでも解説しています。

 

年に一回の受診が失明を遠ざける  

では、糖尿病の症状が進み、糖尿病網膜症になってしまったら、必ず糖尿病黄斑浮腫になるのでしょうか? 黄斑浮腫は網膜症の進行にかかわりなく発症することがありますが、網膜症が進行すると黄斑浮腫の発症リスクが高まることが報告されています。 そのため、いずれにしても早期発見が大切。網膜症は自覚症状がないので、糖尿病と診断されたら、少なくとも年に一回は眼科専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

正しい予防法を知って、重症化を防ぐ

糖尿病網膜症の重症化に対する有効な予防法として、主に三つの方法が挙げられます。

 

一つめは血糖のコントロール。これは、糖尿病治療に必須であり、網膜症の予防及び治療の基本でもあります。医師の指導を受けて薬を飲んだり、栄養士のアドバイスを受けて食生活の改善や適度な運動などを行ったりしながら、適切にコントロールしていきます。

 

二つめは「汎網膜光凝固術」という治療です。網膜のほぼ全体にレーザー光を当て、血管が病変を作らないよう抑制することで、新生血管の発症を防ぎます。新生血管はもろい血管のため出血を起こしやすく、また、発生場所によっては緑内障の原因となることがあるので予防や治療が大変重要です。

 

三つめは硝子体の手術。硝子体の出血などを除去し、失明の直接的原因となる硝子体牽引性網膜剥離にならないよう、硝子体を切除します。  

 

 

また、糖尿病黄斑浮腫の治療には、レーザー光凝固術や眼内注射といった方法があります。

 

これらの治療の中には、高額な医療費を必要とするものもあります。医療機関を受診した場合、一定額を超えて一部負担金を支払った場合には「高額療養費制度」を利用することができます。また、1年間に支払った医療費が一定額より多かった場合、超過分が所得から控除され、税金の一部が還付される「医療費控除制度」があります。 正しい予防法を知ることが、重症化を防ぐ第一歩なのです。

 

医療費の補助制度についてはこちらをご覧ください。

参考資料:糖尿病黄斑浮腫ドットコム

この記事をシェアする

     

この記事を評価する