大切な方を見まもり続けられるように

年に一度は「目」の定期検診を

大切な方を見まもり続けられるように Image

 

毎年10月10日は目の愛護DAY。
目を開けばいつものように目の前にいる大切な方。
いつまでも、大切な方を見まもり続けたいと思いませんか。

当たり前のように見えている「目」は気づかないうちに病気が進行している可能性があります。

早期発見・早期治療が大切です。

 

大切な方を見まもり続けるために、年に一度は「目」の定期検診を。

 

40歳を過ぎたら年に一度は目の定期検診を。

 

さまざまな原因で目の病気は起こりますが、その中でも目は特に「加齢」と深い関係があり、身体と同様、歳を重ねるにつれて病気が起こりやすくなります。 加齢という響きから、60代以上の高齢者をイメージしがちですが、早い方では40代でも発症します。  

 

加齢とともに増える目の病気としては、加齢黄斑変性、老眼や緑内障、白内障などが知られています。そのほか高血圧や糖尿病などの生活習慣病が関与する目の病気もあります。  

 

目の病気は、初期段階では自覚症状がないままに進行してしまうことも多く、失われた視野は元に戻らないことも多いため、症状が現れる前に目の病気を見つけることが大切です。

 

いつまでもあなたの大切な方を見まもり続けるために、40歳を過ぎたら、年に一度は眼科で定期検診を。

 

定期的な検診と自己チェックで早期発見!

目の病気を早期に発見するためには定期検診に加えて自己チェックすることも大切です。

見え方の変化を自分でチェックする方法として、「アムスラーチャート」と呼ばれる 格子状の表を用いて確認することができます。

あなたの大切な方にもチェックしてもらってみてください。

 

チェック用チャート

 

 

 

人は、2つの目で見ることによって、広い視野を得たり、奥行きを知覚したりしています。

そのため、片方の目が悪くなっていても、ある程度まではもう片方の目が補い、普段の生活では 初期症状に気づかないことがあります。ある程度病気が進行してくると、明らかに症状を 自覚できるようになりますが、病気が初期のうちは、目の症状に気づかない場合が多々あります。

目の病気を早期に発見するためには定期検診に加えて自己チェックをすることも大切です。

目について気になることがある方は、眼科医に相談してみましょう。

 

さまざまな目の病気

目には加齢に伴うものや、 生活習慣病(高血圧や糖尿病)が関与するものなど、さまざまな病気があります。 いずれも気づかないうちに進行している場合があるので注意が必要です。

 

加齢に伴う目の病気

加齢黄班変性

加齢により網膜の中心である黄斑が障害され、見ようとするところが見えにくく なる病気です。

加齢黄斑変性について詳しくは、「加齢黄斑ドットコム」をご覧ください。

 

緑内障

目の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気です。

 

白内障

目の中でレンズの役割をする水晶体が濁る病気です。

 

生活習慣病が関与する目の病気

糖尿病黄班浮腫

糖尿病の患者さんに多い目の病気です。網膜にある黄斑という部分がむくみ、網膜 症の初期からでも視力障害が起こる場合があります。

糖尿病黄斑浮腫について詳しくは、「糖尿病黄斑浮腫ドットコム」をご覧ください。

 

網膜静脈閉塞症

網膜の血管が目詰まりを起こして、網膜がむくんだり出血したりして、ものが見えに くくなる病気です。

網膜静脈閉塞症について詳しくは、「網膜静脈閉塞症ドットコム」をご覧ください。

 

高血圧の方は緑内障、糖尿病の方は白内障などの目の病気が起こる可能性があります。 これらの目の病気は、早期の診断・治療が大事です。気になることがあればお早めに眼科へご相談ください。 定期的な眼科受診をすることで、症状が現れる前に目の病気を見つけることが重要です。

大切な方と一緒にチェックしよう

 

LINE

この記事をシェアする

     

この記事を評価する