新型コロナウイルスから目を守ろう

~感染しない・感染させないための基本の「キ」~

新型コロナウイルスから目を守ろう Image

世界中で拡大している新型コロナウイルス(通称COVID-19、以下コロナウイルス)。日本眼科学会、日本眼科医会が発信したウイルスから目を守るための情報について、改めて整理してお伝えします。

 

目の結膜からの感染にも備えよう

コロナウイルスは、口や鼻といった上気道(鼻から喉までの間)の粘膜から感染しますが、場合によっては目の粘膜組織である「結膜」から感染することもあります。

一般的に結膜炎は細菌やアレルギーなどが原因で起こりますが、コロナウイルス感染でも結膜炎を併発することがあるようです。ただ、結膜炎だからといって感染と決めつけることはできません。詳しい検査をしなければわからないので、気になる場合はお医者さんに相談してみましょう。

 

目を守るためにすべきこと・してはいけないこと

コロナウイルスの感染を予防するために注意することの一つは、石鹸を使った十分な手洗いとアルコール等による消毒です*1。これは、皆さんに共通してお願いしている基本的な対策です。

してはいけないこと、とくに目に関することでいうと、洗っていない手で目を触らない(感染するのを防ぐ)、目をさわった後で手を洗わないまま他のところを触らない(感染させるのを防ぐ)ことです。季節柄、花粉症の方もいるでしょう。目のかゆみがあって目を触るときには、とくに注意してください。

目薬を使っている方は、目薬を使う前後には十分に手洗いをし、他の人と共用しないようにしてください。

コンタクトレンズの方は、目を触る前後に十分な手洗いをしたうえで、レンズの消毒やこすり洗いを徹底しましょう。コンタクトで心配な方は、眼鏡に変えてもかまいません。

眼鏡やゴーグルについては、レンズで覆われていない横や上下の隙間からウイルスが入ることがあるので、油断大敵です。また、眼鏡を触ったあとで目をこすらないようにしましょう。

 

目薬のさし方 https://www.mieru-yorokobi.com/life/how-to-apply-eye-lotion/

 

眼科への定期的な通院は続けていく

眼科に通うときは、マスク着用など通常の外出時と同じ注意が必要です。外出に慎重になるのはいいことですが、警戒しすぎて診察のタイミングを逃してしまったり、薬が切れたまま時間が経ってしまうことが心配です。

定期的に通院している方で、通院のスパンを伸ばしたい方は、担当医に相談してみてください。くれぐれも自己判断は禁物です。

また、以下の症状があるときは、なるべく早く眼科を受診してください。

・急激な視力低下

・急激な視野異常

・充血や頭痛、吐き気を伴う目の激痛

外出を控えつつ、基本的な対策を怠らず、目をさわるときにはいつも以上に注意して生活するようにしましょう。

 

日本眼科学会

http://www.nichigan.or.jp/news/068.jsp

日本眼科医会

https://www.gankaikai.or.jp/info/covid19.html

 

*1 出典:厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け」

 

この記事をシェアする

     

この記事を評価する