冬の大掃除

~時間を節約するための3つのヒント~

12月も終わりが近づいています。年末といえば、大掃除の季節です。1年の終わりに家をきれいにすることで新たな気持ちで新年を迎えることができますが、目の見えにくい方々にとって大掃除は、ときにわずらわしく、面倒な作業にもなりうるのです。

 

今回は、目の見えにくい方が掃除をする際、時間を節約するための3つのヒントを紹介します。

 

適材適所が肝心

家をきれいにするための大きなポイントは、適切な掃除用具を準備することです。モップやはたきは長い柄が付いているものを選び、できるだけ長くした状態で使ってみてください。このような便利な道具を使うことで、かがみこんだり家具の上に上って掃除をする必要がなくなり、掃除がより短時間で済み、手間が減ります。

いざ家の大掃除をしようとしたとき、どこに掃除用具をしまいこんだかが思い出せないこともありますね。このような状況を避けるためのポイントは、洗剤やスポンジなどを大きなバケツやプラスチック容器の中など1か所にまとめておくことです。漂白剤など、他の物質と混ぜることにより化学物質を発生するような注意が必要な掃除用品に関しては、簡単に識別できるよう大きく分かりやすいラベルを貼っておきます。

 

手順をあらかじめ計画しましょう

どこか掃除をし忘れた場所はありませんか?掃除機やモップを掛ける際のパターンを決めておけば、ホコリの塊が隠れる場所もなくなり掃除のし忘れを防ぐことができます。目印がつけられない場合はどこから掃除を開始したかを忘れてしまわないよう、部屋の壁に沿って掃除をするか、大きな家具を目印にします。

視覚以外の感覚も役立ちます!どこかを拭いたかわからなくなったときは、掃除をしている面を指でなぞってみてください。雑巾で拭いたあとであれば、少し濡れていませんか?汚れやホコリが指先に感じられませんか?掃除の進み具合を判断するには、手で触ってみた触覚も役立ちます。

 

袋を活用しましょう    

年に1度のこの大掃除の機会に、長い間着ていない服を処分し、たんすの整理をしませんか?衣類を整理するときには、ベルトなどの小さな小物や付属品などのアイテムをメッシュの袋に入れてまとめておけば紛失を防ぐことができます。        

家をもっときれいに快適にし、新しい気持ちで新年を迎えましょう!

この記事をシェアする

     

この記事を評価する