VISION 100

わたしの眼と、人生100年時代へ。

VISION 100 Image


充実した日常生活を自分らしく、いくつになっても楽しめるように、眼の健康を長く保つことはとても大切。VISION 100は、人生100年時代の眼の健康維持を呼びかけるノバルティス ファーマ株式会社主催の活動です。


今年の目の愛護DAY(2019年10月10日)、VISION 100広報大使に就任する和田アキ子さんが、全国版の新聞広告や、記者発表会に登場。ご自身のVISION 100宣言を披露し、眼の健康維持の大切さを呼びかけます。

VISION 100、いよいよスタート。

 

VISION 100宣言

Vision100  

 

40歳を過ぎたら、年に一度は眼科で検診を

人生100年時代を迎える今こそ、眼の健康を意識することが大切です。40歳を過ぎたら、年に一度は眼科で定期検診を行いましょう。

 

加齢性眼疾患 白内障、緑内障、加齢黄斑変性とは

高齢社会に入り、加齢に伴う眼の病気も増えています。代表的な病気に「白内障」や「緑内障」、「加齢黄斑変性」があります。

 

白内障は、目の中でレンズの役割をする水晶体が濁る病気です。緑内障は、目の圧力で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気です。

 

加齢黄斑変性は、加齢により網膜の中心である黄斑が障害され、見ようとするところが見えにくくなる病気です。この加齢黄斑変性は50歳以上の約80人に1人が発症すると言われています1)

 

1) 橋本佐和子, あたらしい眼科, 36(2):135-139

 

加齢黄斑変性は両眼で見ていると気づきにくい病気。片眼を隠してセルフチェックを

加齢黄斑変性の主な症状は、ものがゆがんだり、欠けたり、薄暗く見えたりすることです。人は両眼でものを見ているため、片眼に加齢黄斑変性を発症していても、良い方の眼がもう片方の眼を補い、症状に気づかないこともあります。

 

アムスラーチャート(下図)を片眼ずつ見つめ、もし見え方に異常があれば、眼科を受診しましょう。すでに治療を開始している人は、病気の進行を抑え、視力を長く保つために、治療を継続することが重要です。

 

amusura chart

この記事をシェアする

     

この記事を評価する