視覚障がい者向けのカルチャーレッスン

~学びたい・楽しみたいをあきらめない!~

 

パソコン教室

 

見えない・見えにくい方は、新しいことを始めるのに躊躇するかもしれません。そこで、視覚障害の方を対象にしたレッスンをご紹介します。

 

パソコンを学べて情報収集にも役立つ

仕事にもプライベートにも欠かせないパソコン。パソコン講座を運営する「SPAN」は、視覚障害をもった講師も多く在籍しているため受講者に寄り添った指導が特徴で、グループ講座やマンツーマン講座が選べます。

 

ここでは、就労している方も受講しやすいように夜間や土曜日の講座も開いています。東京・三田にある団体ですが、スカイプなどを利用した遠隔講座も実施しており、東京以外の方にも対応してくれます。

 

また、SPANのホームページ内の「お役立ち情報」では、全国のパソコンサポート団体112件の一覧を紹介しているので、そこからお近くの団体を探すこともできます。視覚障がい者用のパソコン操作マニュアルもダウンロードできるようになっており、情報収集にも役立つホームへページになっています。

 

・特定非営利法人 視覚障害者パソコンアシストネットワークSPAN

http://www.span.jp/index.html

 

・パソコンサポート団体一覧

http://www.span.jp/database/psdball.cgi

 

・パソコンマニュアル・テキストなど

http://www.span.jp/useful/

 

アクティビティを存分に楽しめる

老若男女が自分のペースで楽しめるスポーツといえばゴルフ。同行するパートナーがショットのための視覚情報をアドバイスすることで、晴眼者とほぼ同じようにプレーすることをサポートするのが、「NPO法人 日本視覚障害ゴルファーズ協会」です。

 

欧米では、視覚障がい者のスポーツのひとつとして広く認知されているというゴルフ。全身運動でもあり、中途失明者のリハビリとしても有効だそうです。関東、関西、中部、九州などで実施しています。

 

障がい者向けのスキー指導をしているのは、群馬県を拠点とする「パルネットワーク」。NPO法人 ユニバーサルスポーツ協会が運営しています。ここでは、スキー技術の向上を目指して、指導員の資格をもったスタッフがレッスンを行っています。しっかりすべれるようになりたいと思う方にはお勧めです。

 

もう少し運動のハードルを下げたいという方には、「チャレンジド・ヨガ」もあります。インストラクターの指示が聞こえやすいように音楽をなくしたり、色のコントラストの高い配色のマットやヨガウェアを着用するなど、見えない・見えにくい方の環境に配慮しています。全国各地でクラスが開催されているので、お近くの地域を調べてみてはいかがでしょう。

 

・NPO法人 日本視覚障害ゴルファーズ協会

http://vig-jp.com/index-7.html

 

・パルネットワーク

http://www.palnetwork.net/ 

 

・チャレンジド・ヨガ

http://challengedyoga.com/

https://www.facebook.com/challengedyoga

 

有用な情報を提供しているホームページ

上記のような講座の情報は、さまざまな団体のホームページに掲載されています。東京であれば、「公益社団法人 東京都盲人福祉協会」で講座の紹介・案内がされています。

 

また「東京都教育委員会」のホームページでは、「視覚・聴覚障害者教養講座」として、趣味や教養、マナーの講座が紹介されています。

 

「社会福祉法人 日本点字図書館」のホームページでは、支援の情報やチャリティー映画などの情報も掲載しています。ぜひ活用してみてください。

 

・公益社団法人 東京都盲人福祉協会

http://www.normanet.ne.jp/~tomou/service/culture.html

 

・東京都教育委員会

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/lifelong/learning/seminor_guide.html

 

・社会福祉法人 日本点字図書館

http://www.nittento.or.jp/index.html

この記事をシェアする

     

この記事を評価する