VISION 100について

VISION100

人生100年時代の、眼の健康を考える

人生100年時代。いつまでも自分らしく、楽しく過ごすために、健康に気をつかっている人が多いのではないでしょうか。ただ、心臓、肺、筋肉、骨など、体の健康に気をつかっていても、眼の健康はおろそかにしがちです。生活している中で眼を使うのはあまりに自然なことなので、そのありがたさを感じられないことがあります。これからの人生を楽しむためにも、眼の健康を見なおし、眼のためにできることをはじめましょう。

 

VISION100 

 

 

VISION 100は、皆さんの眼の健康をサポートします

VISION 100は、「人生100年時代に眼の健康を保ち、自分らしく楽しく生きる」ことを目的として活動しています。つい見逃されがちな眼の健康にフォーカスして、加齢で起こりやすくなる眼の病気(白内障・緑内障・加齢黄斑変性など)の紹介や、眼の健康を保つために今できること、さらに眼の病気を抱えた方へのサポートの仕方など、さまざまな情報をご提供いたします。そして、多くの人に眼の健康の大切さを知っていただきたいと考えています。

 

VISION100

 

 

VISION 100 宣言

 

※タップすると拡大表示されます

 

このVISION 100宣言を実現し、皆さんの生活がより豊かになるよう活動してまいります。

 

 

VISION 100の活動

VISION 100は、2019年10月10日の目の愛護デーより活動を継続的に展開しています。

 

和田アキ子さんを広報大使に任命

 

※タップすると拡大表示されます

 

毎年10月10日は目の愛護デー。2019年10月10日には、和田アキ子さんをVISION 100の広報大使に迎えるセレモニーを開催しました。また同日にVISION 100の新聞広告を、目の愛護デーに合わせて全国紙に掲載しました。

 

和田アキ子さんからのメッセージ:「眼の健康」への関心は、うすいですよね。まずは「眼の健康」を意識することが重要だと思います。人生100年時代、長く楽しんで生きていくために、私も眼を大切にして、100歳になっても真っ赤なマニキュアをしてブルースを歌いたいです。眼のためにできること、一緒にはじめましょう。

 

新聞広告

全国35名の医師が、眼の健康を長く保つことの大切さを解説する新聞広告を掲載しました。

 

ブックカバー

眼の大切さを呼びかけるブックカバーを全国21都道府県、44店舗の書店で配布しました。

 

ポスター

メガネチェーン「パリミキ・メガネの三城」の300店舗でポスターを掲出しました。

 

雑誌広告

雑誌『AERA』に、眼の健康を長く保つことの大切さを解説する広告を掲載しました。

 

2020年1月1日からの活動

1年のはじまりに、「眼のためにできること」をはじめるための活動を行います。ご期待ください。

 

<次へ>